友人がお店を開店した際にこだわりの看板を依頼

先日、友人が居酒屋を開店しました。友人は高校卒業後すぐに飲食店に勤務し、いつかは自分のお店を持つことを夢見ていたのです。約15年ほど様々な飲食店での勤務を経験し腕を磨いてきました。お料理の腕前はもういつお店を出しても良いくらいだったのですが、やはり資金面で不安がありなかなか独立の決意が固まらなかったと言います。それでもコツコツと貯金をして、ようやく15年掛けて夢のお店をスタートさせることが出来ました。開店の準備を進める中で、やはりこだわっていたのが看板です。お店の名前は既に決まっていたのですが、どの様な看板にするかは全く決まっていませんでした。そこで、デザイン学校を卒業した友人に依頼することにしたのです。それから1ヶ月、お店の雰囲気、取り扱うメニューなど様々なことを考慮して本当に素晴らしいものが完成し、友人もかなり満足していました。


人へのアピールに欠かせない看板について。

看板とは、文字や絵などが描かれた大きな板のことです。飲食店、新聞店、駐車場、オフィス、学校など、外を歩いているとたくさんのものが目に入ります。人との待ち合わせや、人に道案内が必要になった時に、それが目印となり役に立つ時があります。また、集客が必要である飲食店や駐車場の場合、看板は人への大きなアピールとなります。大きな文字だったり、おいしそうな写真やイラスト、カラフルな色はお客さんを呼び込む効果があります。また、ユニークで個性的で、なかなか見かけないようなものは人の心を掴んで、強く印象に残ります。看板は、お店の顔であり、目に付く物であるので、できるだけ目立つ色を使ったりなどして、インパクトが強く、わかりやすく、通行人が歩きながらパッと見てそれが一体何を表しているのかが一目ですぐにわかるようなものが良いです。


私が考える人を魅了する看板について

飲食店などのお店には店頭に看板が置かれています。売上、集客につながるような人を魅了する看板について私なりに考えてみましたので、記事に投稿させていただきます。私が思うにまず一番は、見やすい位置に置くことだと思います。車で通りかかった際に目に入れば、次回は足を運ぼうという気になります。次に、看板に記載する謳い文句です。何を一番強調したいのか、そのお店の一番の強みやアピールポイントを乗せるといいと思います。飲食店の場合は味なのか、値段なのか、その他サービスなのか、もしくは自信のある料理の写真などを実際に載せるのもいいと思います。また、タイトルについても人をにピンとくるキャッチーなものを考量して載せることをお勧めします。他にも、レイアウトする際のバランスや、色使い、文字の大きさなど細かいところの修正も必要です。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WordPress Themes